【転職者におすすめ】ドライバーの求人を知ろう

採用されやすい書類作成

応募書類のコツ

バス

就職活動の際、バスの運転手を希望される方が増えていると聞きます。
きちんとした制服を着て大型車をあやつる様子は、とても格好が良いもので、憧れる人が多いのも頷ける職業です。
さて、バスの運転手になりたい場合、どのようなことに注意して選考書類を書く必要があるでしょうか。
採用の側からの視点を加え考えていきたいと思います。
必要な書類は会社に問い合わせるのが一番ですが、用意しておくべき書類は履歴書、志望動機書、健康診断書などです。
採用の際もっとも重視されるのが、「バスの運転手になりたい」という意欲が感じられるかどうかです。
さらに接客業ですので、常識的な言葉使いや態度であるかなども見られます。
運転手の仕事は人命を預かる職種とも言えますので、責任感も問われます。
応募書類からは、そういった人柄を読み取ることが可能ですので、丁寧に注意深く志望動機書を作成しましょう。
ひとつ採用率をアップさせるために押さえておきたい書類の書き方として、会社の選択理由を具体的に書くのがコツと言えるでしょう。
バス会社の多くは、接客サービスの向上やコミュニケーションを大切にする姿勢など、努力目標を掲げ、取り組んでいることが多いです。
そのあたりと上手く志望動機を関連させ、アピールできると好印象です。
バスの運転手に採用されるためのポイントを見てきましたが、作成した書類は人柄を表わすということを忘れてはいけません。
採用担当者が読みやすい字で、誤字脱字なく丁寧に心を込めて書くのが基本です。

男女差がない

運転手

女性や若者の求人が増えているのがバスの運転手です。
車の運転が好きで、正社員になりたいという希望をもっている人に向いている職業の1つです。
バスには路線バスの他に観光バスや高速バス、学校や老人施設などの送迎バスがあります。
どれも運転手が不足しているため、ところによっては路線バスの本数を減らさざるをえない地域があります。
また修学旅行を行う際に、バス確保のために日程調整が大変になっています。
運転手になる人が増えればこれらの不便が解消され、大勢の人に喜んでもらえます。
バスの運転手になる為には大型二種免許が必要になりますが、これは普通免許を取得して3年以上たてば取得できます。
自分で教習所に通って取得しなくても、会社に就職すれば会社負担で免許を取得させてくれるところがほとんどです。
運転手経験がない人も多いため、研修制度が充実しており今まで他の仕事についていた人でも、安心して応募できます。
また地方から転職してくる人の為に社宅を用意したり、転居支援制度を設けていたりする会社もあります。
最近では女性運転手を積極的に採用している会社が増えています。
運転が丁寧な人が多い上、女性ならではの心使いが乗客に好評なためです。
女性専用の休憩室を用意するなど働きやすい環境を整えている会社もあります。
女性は男性よりも給与面で劣る会社が多い中、運転手という仕事は全く男女の差がないのが魅力です。
特に路線バスの運転手は毎日の運行時間が決まっているため残業もほとんどなく、女性にとって働きやすい職種と言えるでしょう。

用途によって違う

バス

バスの運転手になるためには、普通自動車免許と大型自動車二種免許が必要です。
特に、路線バスを運転するには後者が必要になります。
実際に路線バスに乗ったことのある人なら分かるとおり、大型のバスを運転するのは普通自動車とは全く感覚が異なります。
左折や右折する時の車幅が全く違ってくるからです。
また、時間どおりにバス停に到着しなくてはならないため、運転技術も必要です。
そこで、大型自動車二種免許を取得していても必ず路線バスの運転手になれるとも限らないのです。
採用されてからも、かなりの期間、ベテランが乗車した上で研修を行うことになります。
もちろん、これは路線バスの場合です。
他にもいろいろなバスがあります。
普通自動車免許だけでもとりあえず採用されるという運転手というと、送迎バスが挙げられます。
とにかく専属の運転手になりたいという人は、送迎専用のドライバーを目指してみるといいかもしれません。
送迎車はいろいろあります。
幼稚園の送迎もあれば、介護施設の送迎もあります。
最近は要介護者が増えてきていることもあり、デイサービスを利用する人もたくさん居ます。
そこで、介護施設からドライバーの求人が出されることも増えてきているのです。
このような送迎車は路線バスなどとは違って小型車となります。
そのため、普通自動車免許だけでも採用されることがあるのです。
また、年齢上限もゆるいことがあるので、定年退職後に応募する人も多くなっています。