介護の求人で便利なサービス|自分に適している仕事を見つけよう

女性

重要な職務経歴書

履歴書

転職活動を行なう際に最も重要な書類なのが職務経歴書になります。履歴書と異なってフォーマットを1から自分で考えないといけない必要があるので、難しいと感じる人も多くいるでしょう。ですが、どのように作成すればいいのかはある程度決まっていて、基本的なポイントをおさえておけば問題はありませんよ。書類選考を通過して、面接のときに強い味方になってくれる職務経歴書が書けるでしょう。なお、履歴書と職務経歴書の違いは次になります。履歴書は職歴の概要のほかに生年月日や住所、電話番号といったような個人情報を記載する事務書類で、採用後に人事が保管するものになります。職務経歴書は今までどのような仕事を経験してきたかを詳しく記載し、書類選考の合否を決める書類でしょう。基本的に面接時には職務経歴書を見ながら進めていきます。

この職務経歴書は自分が企業に適しているスペックを兼ね備えている人材だとアピールするために重要なプレゼン資料とも言えます。実際にそう意識して記載するだけで、書類選考を通過しやすくなるでしょう。また、職務経歴書は新卒入社からこれまで働いてきた経緯をわかりやすくまとめるのもですが、そのまとめ方も重要になります。多くの企業で専攻の第一段階となる書類選考では、企業はこの職務経歴書の業務内容や実績、自己PRを見て、募集しているポジションに合っているかを判断します。そのため、職務経歴書を適当に書いてしまうとその後の選考にも悪影響を及ぼしてしまいます。なので、転職で叶えたいことをしっかりと考慮し、戦略的に職務経歴書を書いていきましょう。