【転職者におすすめ】ドライバーの求人を知ろう

転職先としても最適

土地勘を磨く

模型

タクシードライバーに転職を考えている人が増えているのもあり、タクシードライバーの給料や年収が気にかかっている人も多いと思われます。
タクシードライバーの給料の基本給は少ないことが多く、基本的には歩合制での仕事であるといえるでしょう。
ちゃんと稼ごうと考えるなら多くの客をタクシーに乗せることが一番になります。
売り上げの約半分から6割が給料として支払われることが多く、これにより人によってさらに年収に差が出ます。
タクシードライバーの年収は全国平均で約300万円といわれており、この額は都心部とそれ以外の地方とを合わせた平均値となっているので、都心部だけをみればもうすこし年収の額も上がります。
東京だけを考えるならタクシードライバーの年収は400万円ほどで、全国平均に比べ100万円ほど上がります。
これはほかの地域に比べ東京でタクシーを利用する人の数がとても多いためです。
とくにJRの近くではタクシーがひっきりなしに動いています。
そんなタクシードライバーの給料の額を上げようと思ったら勤務時間をのばしたり、乗客の回転数を上げるなどの工夫が必要になります。
しかしただ勤務時間をのばすだけでは、客がつかまえられない可能性もあるので、やはりその土地の情報をちゃんと知っておく必要があります。
また客の回転数を上げるには、人が多い時間帯や空きが出やすい時間帯などを把握しておくことも大切です。
タクシードライバーという職業は経験がものをいうので、長い間続けることも考えなければなりません。

評判のいいところを選ぶ

運転手

定年退職後の第二の人生を選択する人の中には、まだまだ働きたいという人が多くなっています。
しかし、年齢制限からなかなか仕事が見つからないものです。
そんな中、タクシードライバーなら比較的、年齢制限が少なく、定年退職後でも採用されることがあり人気です。
もちろん、転職するからには収入が気になります。
まず、年収について調べてみましょう。
当然、タクシードライバーといっても、勤務先によって年収は異なります。
収入が多いと評判の良い会社を選択しましょう。
また、福利厚生がきちんとしており、対応の良いところがお勧めです。
定年退職後の場合、健康問題も気になってくるものだからです。
きちんと休みが取れるような親身的な会社を見つけましょう。
全体的に、タクシードライバーの年収は平均して275万円程度と言われています。
特に、定年退職後に勤める人は、一般的なサラリーマンのように毎日働けないこともあるからです。
それでも、何もしないよりはいいというのなら、働いてみましょう。
もちろん、タクシードライバーの年収は個人の働き具合によってさらにアップすることもあります。
歩合制であれば、人によって一日の売上は異なります。
当然、たくさん乗車があればあるほど、儲けることになります。
たくさんお客様を乗せている人はボーナスが出るというように、会社によってサービスがあるところもあるのです。
このように、選択する会社によっていろいろと条件が異なるため、よく比較しましょう。

多様な働き方が出来る環境

TAXI

タクシードライバーの平均年収は厚生労働省が定期的に発表をしており、その統計によると平均年収はおよそ300万円とされています。
平均年収は300万円ですが、タクシードライバーの年収は個人による差が大きく、年収が高い人では1000万円以上を稼ぎ出す人も存在しているのが実情です。
何故、その様な差が発生するかというと、タクシードライバーの給与形態が大きく影響をしています。
タクシー業界では歩合制が採用されており、多く乗客を乗せた人が、その分、稼ぐ事が出来る様になっています。
その為、モチベーション高く働く人はその分だけ報酬を得る事が出来るのです。
これまではタクシードライバーというと年配のドライバーが行うイメージが強くありましたが、近年ではお金を稼ぎたいという高いモチベーションを持ってタクシー業界に挑戦をする20代、30代の人も増えて来ています。
また、歩合制が広く浸透している業界ではありますが、近年は多様な働き方の選択肢を提供する為に歩合制では無く固定給を採用している業者も存在しており、ひとえにタクシードライバーといっても価値観やライフスタイルに合わせて働く事が出来る様になって来ています。
なお、タクシー業界は各社研修制度を充実させているので全くの未経験の人でも業界に挑戦する事が可能です。
普通自動車の運転免許こそ最低限求められますが、タクシー業務に必要な二種免許に関しては採用後の研修期間に取得するケースが一般的となっているので自ら資格取得を行う必要もありません。
この様にタクシー業界は挑戦しやすい環境が整った業界であるといえます。