【転職者におすすめ】ドライバーの求人を知ろう

運転する職種について

魅力的なことは何があるか

仕事

全国には、職業であるドライバーの求人情報がたくさんあるため、就職を検討する方も数多くいることでしょう。
ドライバーの職種には、タクシーやバス、トラックドライバーがあり、トラックに関しては中型や大型、長距離、ルート配送などの職種があります。
もちろん、バスに関しても、路線バスや観光バス、高速バス、送迎バスといった様々な仕事があるのも特徴です。
ドライバーの職業としての魅力では、大型免許以外のドライバーに関していえば、未経験から始められる点にあります。
ルート配送では普通自動車免許で配送できる仕事も多く、求人も多く出されています。
また、タクシードライバーも例外ではなく、求人を出されている会社のほとんどは、必要とする普通二種免許の取得をサポートしてくれるので、安心して就職ができます。
他の魅力については、道路の事情に詳しくなることや、運転が誰よりもうまくなることです。
ドライバーの仕事は続けていくことによって地理に詳しくなり、渋滞などの交通事情にも詳しくなります。
また、安全が第一の仕事ですから、事故を起こさないため安全運転を心がけるようになるのです。
ドライバーという仕事は、運転中は一人になれる時間帯でもあるので、人間関係やコミュニケーションで困ることもなくなります。
タクシードライバーなら、多くのお客様からたくさんのお話を聞けるという利点もあるので、これが楽しみで仕事をする方も多くいるのが現状です。
大型一種免許の大型トラックや大型二種免許のバスドライバーは、高度な運転技術が求められるため、求人でも高給料・好待遇の条件が多いのも素晴らしい要素となっています。
なにかと魅力の多い職業でもあるので、新たな就職に検討してみるのも一つの方法です。

それぞれの違いを知る

履歴書

ドライバーの仕事をしようと考えた場合、タクシー、バス、トラックのドライバーが主なものとして考えられます。
ドライバーの求人には、普通自動車免許以外にも、タクシーの運転には2種免許、バスやトラックのドライバーは大型免許が必要になるケースもあります。
このため、それぞれのドライバーの仕事内容を把握してから、応募する求人を吟味していくことは重要です。
タクシーのドライバーは月間11日の勤務日数で、勤務日は休憩は3時間で20時間の勤務の後に休みとなり、3日に1度の勤務になります。
給料は歩合制のところがほとんどで、その日の売上の60%程がドライバーの収入です。
このように求人に申込んだ後は長時間の勤務になるとは言うものの、休日も多いので休みが多い仕事がいいという方には向いている職業だと言えるでしょう。
バスの運転手は路線バス、観光バス、高速バスなどがあり勤務形態はそれぞれに違いがあります。
路線バスの場合は3交代制勤務が多く、5時ごろから0時ごろの時間帯に8時間勤務で交代をしていきます。
高速バスや観光バスの場合は目的地までのルートを走り、到着したところで休息、または宿泊するといったケースが多いです。
勤務時間帯は日勤の場合がありますが、夜間に運転をすることもあります。
このことから考えると、地元の街の役に立ちたいと考えるなら路線バスの求人に申し込む、遠くまで運転をしていきたいのなら観光バスや高速バスという選択になるでしょう。
トラックの運転手は、大型から中型、軽貨物まであり、仕事の内容は多様です。
大きいトラックほど長距離移動して荷物を運ぶ場合が多く、小さなトラックは会社の近辺へと荷物を運ぶケースが大半です。
ちなみに、大型のトラックは夜間走行することもありますが、運転中の休憩時間や睡眠時間も確保されており、安全運転に運転できるように配慮されています。

転職者におすすめの理由

レディ

ドライバーの求人は、転職希望の人たちの間では人気があります。
その理由はいくつかありますが、まずドライバーの人材不足が挙げられます。
ネットの普及から流通形態も大きく変わり、配達需要が拡大しているのです。
そのため、トラックを始めとするドライバーが昔の人数では足りなくなっているのです。
トラック業界では、人材確保のために積極的な求人募集を行っています。
よって、求人数が増えてきたことが、転職しやすいメリットにつながっているのです。
その他に、ドライバーになる条件としては資格が必要となりますが、大型免許などの資格がなくても、採用するところは少なくありません。
資格を持っていない人は、採用された後に資格を取得していきますが、そのサポートを企業が行ってくれる場合も珍しくないです。
人材不足に陥っている状況では人材育成に力を入れるところも多く、受講料や受験料を支援してくれる場合もあります。
これらは求人に詳しく説明されてあるので、資格を持っていなくても採用される可能性はあります。
ドライバーになるための免許は特殊な運転技術や知識が必要なため、免許は必須です。
しかし、それらがなくても諦めることなく、無資格でも応募できる求人を探していけばいいのです。
これら以外にも、高齢になっても働ける点や、福利厚生がしっかりしている面でもドライバーの人気度は高いです。
安定した給料で長く働いていきたい場合には、求人をしっかりと見極めて応募していかなければいけません。